消費者金融 ライフ

ライフと他の消費者金融、比べて私が選んだのはここ

社会人になったばかりの頃、欲しいものがたくさんあり、ついつい買いすぎてしまった時がありました。当然、お給料日までの生活費が足りなってしまい、困っていた時に、友人が消費者金融のライフを勧めてくれました。なんでも、対応が親切だとか審査が甘いとかで、かなりいい会社のように聞きました。友人自身もライフで時々借入を行っていたそうです。その話を聞いて、消費者金融で少しだけ間に合わせで借りるのも手だな!と、借入を決心しました。

とは言え、消費者金融での借り入れが初めての私には、消費者金融での借入=借金地獄と言う、一昔前のサラ金のイメージしかありませんでした。ですので、不安な気持ちと抵抗があったのですが、背に腹は代えらません。どこかで借り入れをしないと、生活が立ち行かなくなるので、いろいろな消費者金融を比べて、一番安心できそうなところを選ぶことにしました。

いろいろな消費者金融と比べてみた結果、プロミスから借り入れることに決めました。ライフは利息面がちょっと高額であるけれど、1日単位計算なので無駄がないなと感心しました。それと、その日のうちに貸し付けをしてくれるのが魅力でしたし、借入した友人の評価も高かったなどのいろいろなプラス要素があったため、最後までどうしようかと迷いましたが、結局は30日間無利息キャンペーンと言うサービスをしているプロミスのお得な魅力に負けた形になりました。

やはり金利の安さと無金利キャンペーンは、魅力がありますね。プロミスの方もその日のうちに振り込みをしてくれるので、ライフとサービスがそう変わらなかったというのも大きいかもしれません。

他に、候補として比較したのはモビットとアコム。どちらの消費者金融も大手で、借入しやすいなと思いましたし、特にモビットは銀行系なので、安心感が大きかったのですが、貧乏新社会人にとって、無金利キャンペーンは、それだけで選ぶ理由になるほど大きな理由でした。貧乏社会人にも、借りるのなら絶対に返さないといけない!と言うプライドのようなものがあったのも事実です。

完済した時、プロミスさんの無金利キャンペーンのおかげで、何とか金利無しで返済することができ、ほっとしたのを覚えています。突発的な借り入れだったのに対応してくださったプロミスさんには本当に感謝しています。社会人一年生の大失敗でした。あれからはこういうことがないように、お金の管理をしっかりするようにしています。

消費者金融の歴史はどのくらい前からなのでしょうか?

今では当たり前のようにある消費者金融ですが、その歴史はいったいどのくらいのものなのでしょうか?

ひとことで言ってしまえば、消費者金融の歴史は浅いと言われています。出来てからそんなに経っていないと言うのです。

一番初めは、1929年に銀行が融資をしたということです。それから、戦争などもあり状況も変わりました。第二次世界大戦が終結した後に、金融業と呼ばれるものが現れました。それは、「質屋」です。家にあるものを質に入れ、お金にするのです。

しかし、終戦後はとても速いスピードで経済が発展していったためか、国民の所得なども増え、あんなに物がなかった戦時中と違って物が溢れて来て余るようになってしまったのです。その結果、物価が下がってしまい質屋は廃業せざるを得なくなりました。

そして、1960年頃に消費者金融と呼ばれるものが誕生しました。主にサラリーマンに貸す「サラ金」と呼ばれるものです。質屋は物を担保にしていましたが、サラ金などはその人が信用出来るかということが大事で、信用が担保へと変化しました。今も同じようなことは多々ありますが、返済出来ないくらいの借り入れをしてしまい、返済困難な人々が多くいました。

1977年頃に外資系の消費者金融が参入してきました。日本とは違い、低金利で良いかと思いきや、外国の審査スタイルなどが合わずに、貸し倒れなどが多く経営が厳しくなってしまい、撤退を余儀なくされました。日本で成功するだろうと思って参入したはずですが、目論見が外れてしまったために、それ以後1998年まで参入してこなくなりました。

やはり、昔から一部では悪質なところもありました。高金利で返済が無理なくらい貸しつけた挙句、厳しい取り立てを行うといったようなところです。これが非常に問題になり、消費者金融のイメージがいっきに悪くなってしまったのです。全ての消費者金融がそうだったわけではありません。このような悪質なところがあったために、現在の消費者金融という言葉を聞いた時のイメージがあまり良くないのかもしれません。

1983年に出資法が改正され、金利が下がりました。これによって、金利が利益となる消費者金融なので経営が上手くいかなくなったところが多く、倒産したり廃業したりすることが多くありました。しかし、1988年にまた業績が回復してきたのです。

現在では当たり前のようにある自動契約機なのですが、昔はもちろん存在しませんでした。1993年に初めて導入されたのです。そして、コマーシャルも解禁されて、最近のような華やかで明るいイメージを与えるようなものを見ることが出来るようになったのです。

このように、消費者金融にも歴史があったのです。

私が払うの?親の借金は必ず相続しなければいけないものなの?

自分の親族が借金を残して亡くなってしまった場合、自分がその借金を必ず相続しなければいけないのでしょうか?

もしも、親族が遺産を残してではなく、借金を残して亡くなってしまったことを知ったらどうしたら良いのだろうと心配になりませんか?自分が借りたわけでもない借金をどうして返さなくてはならないのかと思ってしまう人もいるでしょう。

基本的に、借金が残った場合は相続人が引き継ぐことになっています。しかし、相続放棄という方法もあります。そうすれば良いやと簡単に思いがちですが、他に相続する人がいる場合はその人に全部回ってしまうのです。これは、知らないふりは出来ませんね。借金以外何も残らなかった場合、相続する予定だった人全員で相続を放棄することも出来ます。

その方法は、自分達の管轄の家庭裁判所に所定の書式の文を提出し、相続放棄の旨を伝えるのです。これは、亡くなってからいつでも良いというわけではなく、亡くなってから3ヶ月以内に行わないと法廷相続をするのだとみなされてしまい、いくら相続放棄したいとしても出来なくなってしまうのです。これは、ぜひ避けたいものですね。

しかし、このようなこともあります。長い間疎遠にしていた親族が知らない間になくなり、自分のところに相続人ですと言う連絡が来ます。しかし、その時にすでに3ヶ月以上経っており、相続放棄が出来ない時期になっていました。この場合、泣く泣く相続しなければいけないのかというと、そうではありません。この場合は、特例として相続放棄することが出来ます。連絡がきた時点で、すぐに家庭裁判所などに連絡すると良いでしょう。

だれでも、この可能性を抱えていますので覚えていた方が良いかと思います。

知ってから借りよう!借金の返済方法はいくつかあるのでしょうか?

借りたら返すということが基本中の基本の借金ですが、その返済方法には何種類かあるものなのでしょうか?

お金が必要になって、申し込みをし、審査が通り、やっと借りれたと安心するかもしれませんが、返すことを忘れてはいけません。忘れていなくてもなんだか返すのがおっくうになってしまう人もいるようですが、返済方法も一つだけではありませんのでいろいろ考えてみると良いかもしれません。

借金の返済というと、消費者金融にわざわざ今月返済分を持って出向き返済する、というのを想像してしまう人もいるかと思いますが、必ずしもそうではありません。今は便利な時代ですので、パソコンや携帯電話などからインターネットで返済することも出来ます。これならば、24時間大丈夫なので時間のある時に出来ますね。

それから、利用している消費者金融のATMを利用して振り込むということもできます。しかし、この場合気を付けなければいけないことがあります。振り込み手数料です。無料のところもありますが、掛かるところもあります。毎回その手数料を払うとなると、計算してみると結構な金額になってしまうこともあります。金利の他にこの手数料を払うのはちょっと考えてみた方が良いかと思います。

便利な自動引き落としなどもあります。登録していた口座から自動で決まった日に引き落とされるようになっています。忘れることがなく便利と言えます。しかし、残高不足にしないように気を付けなければいけません。

このようにいろいろ返済方法にも種類がありますので、自分にとって一倍い良いと思った方法できちんと返済し、完済できるようにしましょう。

心配!消費者金融で借金したら他のローンに影響ありますか?

消費者金融からお金を借りると、他のローンに影響があるのか気になる人もいますね。では、実際どうなのでしょうか?

消費者金融を利用している、または以前利用していたことがあったという人は、マイカーローンや住宅ローンが組めるのだろうかと、とても不安になってしまうことがあります。消費者金融を利用した理由は人それぞれです。どうしようもないような理由から利用したという人もいるでしょう。しかし、どんな理由であっても利用をしたという履歴は残っています。

ローンの審査の際、利用しているか、利用したことがあるかどうかを必ず聞かれます。そして、利用していた際にはきちんと返済は滞らずにしていたかということも重要になります。どうしてこのようなことを確認するかというと、やはり信用問題なので返済の義務をきちんと果たすことが出来る人なのかを確かめられるのです。きちんと返済が滞らずに完済している場合は、特に何もとがめられないまま済むこともあります。

もしも、ローンを組む際に現在利用していることが引っかかるのであれば全額返済すれば可能ということもあります。消費者金融から借りているお金を全て返済してしまえば、ローンを組むことが出来るのです。しかし、残高にもよるのではないでしょうか?手元にお金がなければどうしようもありませんね。

現在利用していないとしても、利用していた時にトラブルなどがあった場合はローンを組むことは出来ないことがあります。これは、ローンを組もうとしている銀行などにより判断が違って来ます。しかし、トラブルとまで行かなくても返済が滞った履歴などがあると、やはりあまり信用されないことが多いでしょう。借りたものを返すのが基本なので、当たり前のことです。ここで簡単にローンを組ませてしまっても、返済が滞ってしまうことがあれば貸している側にとって良いことはありません。

利用していなくても、消費者金融のカードなどを所持しているだけでも難しい場合がありますので、使わない場合は処分した方が良いかもしれません。

このように、利用しているからローンは組めない、利用していたからローンは組めないと言ったように、必ずしも利用したから無理ということではありません。その銀行などの判断によっても違って来ますので、正直にお話しした方が良いでしょう。

消費者金融でお金を借りる際の審査はいったいどんなもの?厳しさは?

お金を借りる時には、まずは審査を通過しなければいけません。では、その審査とはどんなもので厳しさはどうなのでしょうか?

審査内容はいろいろなことがあります。まずは、他社からの借り入れがあるかどうかです。もしも、他社からも借り入れしているのであればその状況を聞かれます。どのくらい借りているのか、今までの返済履歴はどうだったかを調べられます。お金を借りることは信用問題です。それが成り立たないと借りることが出来ないのですから、大事なことです。返済が滞ってばかりいたとしたら、なかなか貸してくれないかもしれません。

もちろん、年齢や家族のことも聞かれます。20歳以上でなければたいていは借りることが出来ません。一人暮らしなのか、家族がいれば構成はどうなっているのかも聞かれます。住まいも賃貸か持ち家かも聞かれます。持家だとしたら、住宅ローンはきちんと払っているかどうかも聞かれるでしょう。

自分が働いて収入を得ている勤務先のことも聞かれます。勤務先の規模や自分の収入や役職なども関係してきます。

安定した収入があれば借りることが出来ると言われていますが、自営業や個人事業主はサラリーマンよりも厳しいかもしれません。やはり、自営業などの人は収入にムラがあることも多く、決して安定した収入があるとはみなされないのです。その逆で、安定した収入があるので公務員は優遇されると言われています。

審査基準はその金融会社によって少々異なるようではありますが、大きな違いはありません。

審査は、パソコンで自動判断されることが多いようです。いくら審査に通りたいからといっても、虚偽の申告をしてはいけません。

もしも、審査に落ちてしまった時にはその記録が残ります。そうすると、その後も他社で借りたいと思っても難しくなってしまうこともあるのです。目安程度ではありますが、利用したい金融会社のホームページなどにある簡単な事前チェックを受けてみてから、本申し込みをすると良いかもしれません。事前チェックによって大丈夫だったとしても、審査を通過出来ないこともあるかもしれません。もちろん、その逆もあります。そのことを踏まえて、申し込み手続きをしてみると良いでしょう。

借金する際の申し込み手続きは簡単に出来るものでしょうか?

消費者金融から借金をする際の申し込み手続きとはどんなことをするのでしょうか?

以前は、お金を借りる際は必ず自ら出向いて手続きを行いました。しかし、現在では店頭はもちろん、自動契約機、インターネット、電話で申し込むことが出来るのです。人と会わなくてもお金を借りることが出来るようになったのです。

自動契約機を利用する人は、人と会いたくない人が利用することが多いようです。確かに、お金を借りる時に誰にも会いたくないという気持ちがある人は多いと思います。誰にも会わずに出来るのはとても嬉しいことです。自動契約機のガイダンスに従っていくだけで簡単に申し込み手続きをすることが出来、審査をしてもらい借りることが出来るのです。人に会わないだけで店頭と同じことをします。本人確認書類も契約機で読み込んでくれます。

インターネットは、近くに店頭も自動契約機がない人が利用することが多いです。申し込むフォームに入力していくだけで簡単に申し込み手続きが完了します。これも手軽に出来ますね。

電話で手続きをするには、記入しなければいけない書類が送られてきてそれを郵送し、申し込み手続きをしたことになります。

このように手続きするにもいくつか方法がありますが、迅速に融資を受けたい人は店頭に出向くことがやはり一番良いようです。

わざわざ出向かなくてもお金を借りることが出来るようになりましたが、この手軽さからお金を借りているという意識が薄れるのかもしれません。なので、返済が少々滞ってしまっても動じることなく借金を重ねてしまうこともあります。どの方法で手続きをしてもお金を借りたということには変わりありません。きちんと計画的に利用するようにしましょう。

お金を借りたい!でも、消費者金融の金利ってどうなの?

消費者金融を利用しようと思った時に気になることの一つに、金利が挙げられると思います。

消費者金融は、審査が比較的簡単で優しいためにほとんどの人が通過することが出来ると言われています。銀行系は逆に厳しいのです。審査が簡単で誰でも借りれるようになっているためか、銀行系よりも金利が高めになっています。この金利は、どの消費者金融でも同じとは限らないのです。

18%が上限金利と定められてはいます。しかし、金融業社によってはもっと低く設定しているところもあります。どうしても金利にばかり気を取られがちではありますが、実はその他にATMの手数料なども取られるところもあるため、高く付いてしまうこともあります。その場合のことも考えて、返済時にATMを利用したら手数料がかかるのかどうかを事前に確認するのも良いかもしれません。

金融業社によっては、「30日間無利息サービス」などを行っていることもあるので、それを上手に利用すればお得にお金を借りることが出来るでしょう。30日以内に全ての額を返すことが出来たらマイナスになりませんね。

借りたお金以上に金利分も返済しなければいけないなんて、もったいないですね。その金利が金融業者の利益にはなりますが、金利によって返済が滞ってしまう人も多数います。小額を借りて、上手に返済すれば大丈夫でしょうが、返済のことを考えずに借り過ぎてしまうと大変なことになります。

消費者金融を利用する際は、金利のこともきちんと確認した上で利用する金融業者を選び、無理な返済計画を立てずにきちんと返済しましょう。

きちんと用意しよう!借金をする時の必要書類はどんなもの?

消費者金融からお金を借りる際に必要な書類は、いったい何でしょうか?

手軽に簡単にお金を借りることが出来ると言っても、何もなしで借りることは出来ません。自分がいったい誰なのかを知らない人がお金を貸してくれることなど、ありえませんよね?まずは、本人のを証明するものが必要になります。運転免許証があればそれで良いですし、もしも持っていないのであれば、保険証、住民票、パスポートがあれば大丈夫です。

無人契約機で申し込む際も、読み込み機能があるので必要になります。店頭で申し込む際はもちろん提示し、コピーを取られることもあるかもしれません。引っ越しなどをしたばかりで現住所が書いてない人は、一緒に新住所に届いている公共料金の請求書などを持っていくと良いでしょう。

住民票などは、6ヶ月以内のものに限りますので確認してから持っていくようにしましょう。

それから、印鑑も必要になります。必要事項を記入した際に捺印することになります。普段持ち歩いている人も多いかもしれませんが、そうでない人は忘れてしまうことがあるので気を付けましょう。

収入証明が必要な場合もあります。これは、申し込む際に必ず必要なわけではありません。50万円以上借り入れする際や、他社と合わせると100万円以上になってしまう場合に必要になるのです。収入証明とは、源泉徴収票や確定申告書、給与証明書などがあります。最新のものを持っていくと良いでしょう。給与証明書は、一番最近のものと前月分、賞与がある場合はその分も持っていくと良いでしょう。必要になった時にすぐに持ちだすことが出来るよう、普段から整理しておくと良いかもしれません。

本人証明するものや収入証明するものを偽ってはいけません。そのようなことをしてもばれてしまいますし、信用されなくなります。

特別用意しなければいけないものがあるわけではないので、特に大変なことではないと思います。きちんと用意してから申し込みましょう。

公務員の人もお金を借りることは出来る?違いはある?

公務員の人もお金を借りることが出来るのです。しかし、公務員は安定しているのにお金を借りるようなことってあるのだろうかと思う人もいるかもしれません。

公務員は初任給が安いと言われています。安定はしていますが、職種によって収入も異なるようですので、全ての人が高給取りというわけではないようです。なので、安定はしていても突発的な出費の際には足りなくなってしまうこともあるのです。

消費者金融にとって、公務員は優良なお客様として扱われます。公務員ですと言っただけで歓迎されることが多いです。収入が安定していて、年齢と共に収入が上がって来るということから、返済も滞らないことが多いためにそう思われています。しかし、返済をきちんと行うのには他の理由もあります。

公務員の人が消費者金融から借金をしていると、社会的な信用に影響してしまうことがあるので、それを恐れてきちんと返済日に返済します。返済を滞り、取り立てなどが自宅や職場に来るようになってしまったら大変なので、トラブルを起こさないように気を付けます。このように返済日を守ることから、消費者金融から優良なお客様として歓迎されることが多いのです。

もしも、公務員になる前に借金をしていたら公務員になることは出来ないのでしょうか?借金が原因で公務員になれないということはありません。借金をしているからといって、就職活動や転職に影響があるということはあまりないのです。

どの職業の人も、借りたお金は責任を持ってきちんと返済していけば何のトラブルも招かずに、消費者金融を利用出来るということが言えるのです。

利用する前に見てみると良いかも!消費者金融の口コミ!

人によっては、何でも自分の気持ちだけではなく人の意見を参考にして決める人がいるかと思います。なんとなく不安なのでしょうね。いろいろなお店などを選ぶ際にも口コミを参考にしていませんか?

消費者金融を選ぶ際も、口コミを参考にしてみると良いかもしれません。利用するに当たって、不思議に思ったりしていることなども口コミによって解決するかもしれません。人は、なぜだか自分以外の人の意見を聞いたりすると安心するものです。なかには、人の意見に左右されない人もいますが、多くは人の意見を参考にしたがる傾向にあるようです。

ネット上にはたくさんの口コミが載っています。口コミを参考にすると、各金融会社の金利や対応の仕方、返済方法の数や種類などいろいろな情報を得ることが出来ます。これによって、自分が利用しようと思う金融会社を決める人もいるでしょう。

しかし、口コミはあくまでもその人個人の意見です。なので、同じ経験や対応をしてもらったとしてもその人によって受け取り方も違ってくることもあります。同じように対応してもらったとしても親切と思う場合と、おせっかいと思う場合とがあるかもしれません。そのような両極端な意見ももちろんあります。なので、どちらをあなたは信用するかということにもなります。

あまり口コミばかりを気にし過ぎて、どうしたら良いのかわからないことになってしまうこともあります。自分で決めなくてはいけないこともあります。参考程度にして、最後には自分で決めなくてはいけないのです。