お金を借りる時に自分の年収は関係あるのでしょうか?

すごく収入が低いのに消費者金融からお金を借りることは出来るのだろうかと心配している人がいるかと思います。では、実際どうなのでしょうか?

収入が少なく、生活に困ってしまったがために借金をしようと思う人がたくさんいます。このご時世、なかなか昇給も見込めませんし、生活が大変になり、利用することを迷います。しかし、実際に借りようと思った時に、こんなに年収が少ないのに貸してくれる金融会社はあるのだろうかと考えてしまうこともあるかもしれません。年収が少ないから借りたいのに、年収が少ないために断られてしまったら、いったいどうしたら良いのでしょう。

実際に、年収がいくら以上の人には貸せますと提示している会社もあります。しかし、だいたいのところははっきりしていないところが多く、年収の金額がいくらかどうかというよりも、収入が安定しているかが重要になるのです。それから、勤続年数なども重要です。

極端に少ないわけでなければ、毎月のお給料が安定してもらえていれば消費者金融を利用することが出来るのです。アルバイトでもそれは可能なのです。しかし、勤続年数も重要になり、同じところに長く勤務している方が審査を通過することが出来、融資を受けることが出来ます。しかし、高額な収入があったとしてもまだ2、3カ月くらいしか働いていないとしたら審査が断られることもあります。まだ働きだして日が浅く、これからも続けていけるのかというところを疑われ、断られることがあるのです。なので、一概に収入が多いから借りることが出来るということではないのです。

借りる側は、借りることが出来るかばかりを考えてばかりですが、貸す側にしてみれば貸したお金をきちんと返してくれるかを見極めることが大事なのです。貸しても返してくれない人が多ければ、消費者金融も慈善事業ではありませんので経営が出来なくなります。

年収の1/3まで借りることが出来ますが、初回からすぐにその金額を借りることが出来るわけではありません。ある程度の信用を得ることが出来ると限度額までギリギリ借りることが出来るのです。なので、初回に借りたお金をきちんと返済日に返済し、それを何回か続けていくうちに信用を積み重ねていくのです。

実際に利用したい消費者金融があるのだとしたら、自分の年収でも大丈夫なのかを一度聞いてみると詳細を教えてくれるところが多いでしょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/lcpackings.com/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678